なぜ女性は悩むのか

現代だからこその悩み

加齢や出産などによって、女性が悩むこともある膣の縮小。デリケートな問題だからこそ、誰にも相談できず、一人で悩んでいませんか?高齢になれば「こんなものか」とあきらめもつくし、対処方法を躍起になってさぐることも少なくなるのかもしれません。
実際、膣が縮小すると、男性との性行為の満足感だけではなく、尿漏れやお尻が垂れ下がる、といったところでも表れてくるそうです。ただ、尿漏れやお尻の垂れ下がりは、膣などを支えている骨盤周りの筋肉が大きく関係しているので、膣に限定すると性行為の中でのことになるのかもしれません。ある口コミサイトに投稿していた、膣の縮小に悩み、何らかの処置を施した人の多くは、30代後半から40代ぐらいの女性でした。その多くは、パートナーに指摘されたことが原因だったようです。セクシャルなところで男性を満足させたい、自分も満足したい、それならば何らかの処置を、と考える女性が増えた、ということなのかもしれません。
そういう考え方は、とりわけ昔の人には考えられないことなのかもしれません。加齢や出産は自然なこと。加齢や出産によって、体質が変わり、何らかの命に関わるかもしれないような病気などになってしまった場合を除いては、自分で日々できる体操や運動程度で何とかしようと考える人も多かったのでは、と思います。デリケートな問題だからこそ、他人に相談するなんて考えられなかっただろうし、我慢できそうなところは我慢していたのでしょう。
それが現代では、デリケートな問題でも人に知れず、相談できるところを探せる時代になりました。そして、ビジネスとして、そのような悩みが解決できる方法を提供するクリニックも増えています。まさに、膣の縮小が「悩み」として公にできるなんて、現代ならでは、ともいえるのかもしれませんね。

膣が緩むと起きること

骨盤周りの筋肉は、加齢や出産などによって、衰えます。骨盤周りの筋肉が支えているのは、骨盤内の臓器以外に子宮や膣などの女性器や尿道など。膣が緩むと、特に性行為での男女の感度に影響します。

詳しく読む

処置の種類を考える

膣が緩んでいるので、性行為の感度がお互いによくない。そこに悩みを抱える女性が多いようです。そして、その悩みを解決できる方法もあるそうです。その方法は様々にあります。

詳しく読む

手術の是非

膣の緩みに対して、手術を行うこともあります。それほどまでに現代の女性は、性行為での感度を求めてしまうものなのですね。手術を選択するなら、安心して受けたいものです。

詳しく読む